ISO27001の正体を突き止める|新時代の幕開け

メンズ

情報セキュリティの国際化

女の人

情報セキュリティのISO

ISOは、日本語は国際標準化機構と呼ばれています。ISOは、製品やサービスの標準化を推進し、国際的な製品やサービスの経済活動を促進することを目的としており、環境ISO、食品ISOなど様々な分野において標準化を進めています。このISOは、情報セキュリティマネジメントの分野にもあります。それがISO27001です。高度情報化が急速に進展する中、人事情報、顧客情報、製品情報、技術情報、財務情報など、会社や組織が保有する情報資産が発生しています。インターネットの急速な普及により、情報資産の紛失や盗難のリスクが増加しています。ISO27001は、情報資産の紛失、破壊、改ざん、盗難等々のリスクを防止する情報セキュリティマネジメントシステムを構築、運用する際の基準を定めた国際規格です。

情報ISOの意義

国際規格のISO27001の認証を受けるためには、ISO27001の適合性について評価を受けなければなりません。特に評価されるのが、PDCAサイクルの確立で、特に評価するCと改善のAです。認証を取得すると、社員一人一人の情報セキュリティー意識や、会社としての個人情報の保護やコンプライアンスが向上します。対外的にも情報セキュリティーの信頼性が向上しますので、取引の受注で有利になるなどのメリットも期待できます。情報を守るための管理体制を構築するため、管理者が会社全体を俯瞰できるようになります。これにより、管理体制の成熟度が増し、組織力が向上します。情報への意識の向上は、情報を経営に活用することにもつながりますので、経営力の強化も期待できます。

文書の適切な管理

パソコン

会社における意思決定等は文書により行われます。このため、膨大な文書が生成されます。これらの文書を容易に検索し、いろいろな業務に使うことができるようにして、業務効率化を図ることができます。そのために、文書管理システムの導入が必要です。

もっと知ろう

セキュリティを考える

ウーマン

ルーターの設定はセキュリティ上かなり重要です。悪意を持った第三者の不正な接続を許さないためにしっかりと対策を取る必要があります。ルーターはオンライン会議やメールチェックなど利用価値が高いので是非導入しましょう。

もっと知ろう

環境を考えた経営を目指す

IT

有名な認証規格の一つにISO14001があります。これは組織が環境に配慮したマネジメントシステムを構築していることを証明する認証です。PDCAという考え方を用いて作られた環境マネジメントシステムは組織が続く限り、継続的に改善を行います。

もっと知ろう